TOP仕組み > 世界の太陽光コストが2020年までに半減

世界の太陽光コストが2020年までに半減



化石燃料を下回る水準に

世界150カ国以上が加盟するIRENA(International Renewable Energy Agency)は、2018年

1月13日に再生可能エネルギー電源のコスト動向をまとめた報告書を公表しました。

これによると、2010年から現在までの約7年間で、太陽光発電のコストは73%、陸上風力発

電のコストは約25%低下しており、再生可能エネルギーは着実に競争力のある電源になりつ

つあるとしました。

IRENAによると、2017年のG20諸国の化石燃料を利用する電源の発電コストは5〜17セント/kWh

と推定されています。このことからも、再生可能エネルギーの発電コストは、化石燃料を利用す

る電源と比較しても遜色ないレベルまで下がっています。

太陽光は2020年までにさらに半減

報告書では、太陽光発電については、さらに2020年までにコストが半減する見通しだといいます。

こうしたグローバルな競争入札の拡大の他、技術革新のさらなる進展、中~大規模の開発事業者

の台頭などが、さらなるコストの低下を推し進めます。

 

急速な導入量の増加

導入量が急速に拡大したことに伴って、太陽光や風力で発電した電力の取引価格が一気に下がり

始めています。太陽光発電では1kWh(キロワット時)あたり3円を切る価格で売買が成立する事

例も出てきています。

英国のエネルギー会社BPがまとめたデータによると、2015年の全世界の導入量は過去最大の5000

万kW(キロワット)にのぼり、累計では2億3000万kWに達した(図1)。前年からの増加率は28

%の高い水準です。

(出典)自然エネルギー財団(BPのデータをもとに作成)

 

国別では中国の伸びが最も大きくて、1年間に1500万kW増えています。累計の導入量もドイツを

抜いて世界のトップに立ちました。中国の経済成長が垣間見えます。一方、日本はどうでしょう

か。2011年頃から急激な上昇がありますが、これは再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT

制度)の影響が少しながらあると考えられます。

(出典)自然エネルギー財団(BPのデータをもとに作成)

 

太陽光発電が世界各地で拡大する背景には、コストの大幅な低下があります。しかしながら日本

市場でいうと、FIT制度の期限が迫ると、需要が減少ことも考えられますが、世界基準でみると

これからも太陽光発電市場は盛り上がっていくと考えられます。