TOPビジネス > 太陽光発電の賢い節約術

太陽光発電の賢い節約術



売電と蓄電池だけではない投資方法

固定価格買い取り制度(FIT制度)は10年間電力会社が一定単価で電力を買い取る

制度です。これは2009年にスタートし、10kW未満の住宅用は10年間、10kW以上

の産業用では20年間とそれぞれ買取期間が定められています。そのため、2009年

から10年が経過する2019年に、つまり来年には買取期間が終了することになりま

す。そうなると、余った電力を買い取ってくれる先がいなくなり、初期投資の回収

が困難になります。

そして今後も売電価格が下降傾向にあるのはこちらの記事でも紹介しました。

http://solar-power.jp/price-2/

それならば、他の投資方法として挙げられる身近な物はずばり電気自動車(EV)

です。自動車が必要な生活状況で電力を賢く利用することができます。

 

電気自動車を導入するメリット

・電気自動車の充電を太陽光発電システムの発電電力で賄うことで燃料費を大幅

削減できる。

・駐車中は電気自動車を充電器として家庭内に供給でき、光熱費を大幅削減できる。

 

電気自動車には太陽光発電システムがお得

(出典)https://www.taiyoko-kakaku.jp

 

上記シミュレーションのように、仮に月間1000km走るガソリン車と電気自動車を比較

するならば、電気自動車を導入することでガソリン車より月間の燃料費が5000円も安

くなり、年間で60000円も剰余金を生み出すことができるのです。

電気自動車を導入するデメリット

・電気自動車の一番のデメリットは、供給スタンドのEVステーションがまだ整備され

ていなく充電切れのリスクが高いことです。対応策としては、毎日家で電気自動車を

充電することで充電切れのリスクを抑えることです。

 

つまり、今後の太陽光発電市場の動向を考慮すると、売電価格が下がりさらに電力会社

の買い取りが必須でなくなることから売電による投資は期待できなくなります。そうし

た時に、自己消費により初期投資の回収とその後の投資に繋げることが重要になってき

ます。蓄電池を併用するのも良し、家庭内の電気を太陽光で賄うことを基本に電気自動

車のエネルギーを賄うのもよし。制度が変わっても賢く投資すればマイナスになること

はありません。

2019年は太陽光発電市場に劇的な変化が訪れると思います。しかし悲観的になる必要は

ありません。今の現状をしっかり把握し、変化に対応できれば大きな投資効果を得るこ

とができます。