TOP太陽光パネルの費用 > こんなにもお得!?太陽光発電の費用あれこれ

こんなにもお得!?太陽光発電の費用あれこれ



太陽光発電の費用は高いとイメージをお持ちの方も多いと

思います。確かに費用に関しては、太陽光モジュールが大半を

占めます。

太陽光発電の費用は様々な項目で構成させていますが、大きく

分けると3つに分けることができます。

・太陽光発電の部材代(太陽光パネルや架台、パワコン、ケーブルなど)

・工事代(設置のための職人さんの人件費や足場代など)

・諸経費(システム部材に含まれないコーキング材などの費用)

では具体的な見積もりをみてみましょう。

一般的な住居に導入される太陽光発電システムの容量は3~5kWでその導入にかかる

費用は、先ほどの「1kWあたり41万円」という相場を目安にすると、123~205万円

程度になります。

太陽電池モジュール(3.5kWシステム) 70,000円(1枚)×設置枚数(20枚)= 1,400,000円
パワーコンディショナー 230,000円
発電モニター 50,000円
リモコン・ケーブル・その他 20,000円
設置架台 118,000円
架台工事費 80,000円
太陽電池モジュール設置工事費 160,000円
電気配線工事費 115,000円
値引き額 850,000円
計 1,323,000円

(出典)http://kakaku.com/

このケースの場合、補助金が交付される金額まで値引きされ、その結果、1kWあたり

の導入費用は約38万円となっています。

ただ、合計金額からまとめて値引きされているので、不透明な部分も多いかと思います。

提案されている太陽光発電システムがお買い得かどうかを一番わかりやすく判断できる

指標が、kW単価という考え方なのです。

kW単価の計算方法

太陽光発電システム合計価格÷太陽光発電システム発電量=kW短歌

(例)

150万円で容量が4kWのA業者と、130万円で容量が3kWのB業者が見積もりを出してきた場合

一見、B業者の方が安いように見えるが、これを上の式に当てはめると、

A業者 150÷4=37.5kW

B業者 130÷3=43.3kW

 

A業者の方が太陽光発電システムの価値が高いと言えます。

このように見積額とシステム発電量から誰でもコストパフォーマンスの高い業者を見定めること

が可能です。

気をつけておきたいのが、補助金に関してです。

例えば、太陽光発電システムの導入価格が1kWあたり60万円の場合、国の補助金制度は利用でき

ないしくみです。そのため、販売施工会社は1kWあたり41万円以下、もしくは50万円以下で、工

事費も含めて見積もり書を作成する傾向にあります。

 

しかし導入検討者に関しては、良い風が吹いていると言えます。

少しでも気になった方は、導入を視野にいれてみてはいかがでしょうか?

(出典)http://www.7fuku-eco.com/