TOP太陽光パネルの費用 > 必見!知っておきたい費用の鉄則!

必見!知っておきたい費用の鉄則!



費用の仕組みを知る!

太陽光発電の費用はどうやって決まるの?

100万円のシステムよりも、150万円のシステムの方がお得になる場合もある

のはご存知ですか?

屋根の条件にもよりますが、100万円でも200万円でも、ご予算に合わせて設

計ができます。家や家電のように「○○万円」と価格を言い切る事はできないの

です。時として、150万円のシステムの方が、100万円のシステムよりお得にな

る場合もあります。「なぜか?」その理由を知るために、「太陽光発電の費用

の仕組み」を解説していきます。

 

太陽光発電の費用の内訳

設置の費用は「太陽光パネルの費用」だけではありません

太陽光発電の設置費用

(出典)http://www.shouene.com/

 

初めて太陽光発電を知った人は「かかる費用は、屋根に載せる太陽光パネルの

費用だけと思いがちです。しかし、実際にかかってくるのは機器の費用だけで

はありません。設置に関わる費用は、「機器費(モジュールやパワーコンディ

ショナーなど)」以外に、「設置工事費」、「補助金の申請手続きやアフター

フォローなどの諸費用」をトータルした費用となります。

安いから良いとは限らないので、各業者のサービス内容の「メリット・デメリット」

を考慮して検討しましょう。

業者により特に金額に差が出やすいのは「工事費」と「諸費用」。各業者により

提供する技術や設計、アフターフォローの内容が異なります。 例えば、「工事費」

や「諸費用」の安い業者では「設置費用が安い代わりに工事は最低限の部材で行う

アフターフォローは少ない」であったり、高い会社では「長期間の使用を見据えて

品質の高い部材を使う、アフターフォロー体制や保証制度がある」など付加価値を

提供する会社もあります。各業者に特徴がありますので、「何を重視するか?」を

決めた上で判断するのが良いでしょう。

太陽光発電の「安い」「高い」をどうやって判断すればいいの?

太陽光発電はオーダーメイドのシステム機器。各家庭の屋根の形状や材質、条件に

合わせて設計するため、費用の見方が大変難しいと言われています。

今回は、太陽光発電の費用を見るためのポイントをご紹介します。

1 費用は「機器費」+「工事費」+「諸費用」の合計で考える
実は工事費を含んでいない場合も・・・
(出典)http://www.shouene.com/

このような場合、一見安く見えますが、実際にはパネルのみの価格であったり

正式に見積りを取ると工事費含めて大幅に金額が増えるというケースが多くみられます。

費用を見るときは、「機器費」「工事費」「諸費用」の合計であるかを確認しましょう。