TOP補助金 > 平成30年度のZEHの補助金は?

平成30年度のZEHの補助金は?



省エネがますます加速!

新築(もしくは改修)するにあたって、2018年(平成30年度)もZEHに補助金

がおりることになりました。

2018年度の補助金で対象となる工事の条件を確認しましょう。

2つのパターンがあります。

 

①戸建住宅、分譲集合住宅、賃貸集合住宅における新築・改修

②低炭素素材、再生可能エネルギー熱を導入

 

この中でいずれも、ZEHの交付要件を満たす住宅にした場合に補助金がもらえます。

 

ZEHの補助金はいくらもらえるの?

気になる補助金額ですが、ZEHの要件を満たすことで一戸当たり定額70万円の補

助金がもらえます。上記②の場合、+20万円を上限として、合計90万円が補助金

が上限となります。

また、省エネ・創エネ・ZEHと言うと必須になってきている蓄電池。

2018年(平成30年度)は、蓄電池に対しても補助金が交付されますが、併用可能と

なっています。

(出典)http://jidainoie-niigata.co.jp/

 

もらえる期間は?

ZEHの補助金事業の期間は、上記のパターンごとによって異なります。

①の場合は、2018年度~2019年度

②については、2018年~2022年度

の期間となっています。

 

ZEHは、最初に登場した時には話題になり、一気に普及するかと思われた仕組みですが

思ったよりも浸透せずに、現在に至ります。おそらく知らない人の方が多いのではない

でしょうか?ですが、国が2018年からも補助金の制度を続けることにより、一層の浸透

を促す見込みです。

仕組みは単純で、断熱・省エネ・創エネの3つの向上により、エネルギーゼロを目指し

ましょうというものです。断熱は、家自体のスペックをあげるもの。つまり、ちょっと

エアコンを動かせば、すぐに温まり(もしくは冷えて)ずっと暖かい(涼しい)状態に

なる。ということです。省エネは、エアコン自体の電力を少なくてすむようにというこ

とです。創エネは、太陽光発電やエネファーム、太陽熱、地熱などで再生可能エネルギ

ーを家でつくるということです。

 

新築を考える時にZEHの補助金を使おうと思ったら、

具体的には、

・断熱材をより良いものにする。

・エアコンなど省エネ設備を取り入れる

・太陽光発電などエネルギーをつくる設備を導入する。

という3点を考えれば良いということですね。

(出典)https://ゼロエネルギー住宅.jp