TOP設置方法 > 太陽光発電の最適環境まとめ

太陽光発電の最適環境まとめ



どんな屋根や環境が太陽光発電に適している?

太陽光発電システムは、屋根の形状や設置する環境によって

発電量が大きく変わります。ここでは、どんな屋根や環境が

太陽光発電の設置に適しているのか説明します。

・太陽光発電に最適の屋根

切妻屋根

切妻屋根

出典:http://www.solarassist.co.jp/

 

屋根が2方向を向いており、大きな屋根面積を確保しやすいので

太陽光発電に向いている屋根です。南向きの屋根面が理想的ですが

東西面でも2面設置により多くのパネルを設置することができます。

片流れの一面設置で南向きの屋根が太陽光発電に最適です。

 

太陽光発電に適した条件

太陽光発電は屋根の方位や角度によって発電量は大きく変わります。

そこで太陽光発電に適した方位や角度などの条件を紹介します。

屋根の方位

出典:http://www.solarassist.co.jp/

 

太陽光パネルの発電量に最も大きく影響するのが屋根方位(屋根面の方角)

です。発電効率の目安として、南面を100%とすると東西面では約85%と

なります。この発電効率を考慮して最も発電が期待される南面に多くのパ

ネルを設置すれば、システム全体として大きな発電量が期待できます。特に

新築住宅で太陽光発電設置を考えているなら、屋根方位を考慮した設計を

検討すると良いでしょう。

❇︎太陽光エネルギーを電力に変換する太陽光パネルを設置する場合、最も

理想的なのは日射量の多い「真南」ですが、東西面に設置しても高い効果が

望めます。

 

太陽光発電に適さない環境

出典:http://www.solarassist.co.jp/

 

太陽光発電は、その名の通り太陽光(日の光)をエネルギーに変換して

電力を供給するシステムですので日射量が十分でないとその性能を発揮

できません。条件として次に当てはまる場所は、太陽光発電に不向きか

と思います。

  • 高い樹木に南側(又は南西・東南)の日光が遮られている場所
  • 隣接する土地に高層ビル(又はマンション)がある場所
  • 近隣に高層ビルの建設予定がある場所
  • 住宅密集地のため隣接する建物の影に入る時間帯が長い場所

 

最近では、数十年経つと雨漏りが発生したという事例も少なくありません。

そんな方達のために、屋根をそのまま利用して穴を開けない施工方法が

あるようです。詳しくはこちらでは紹介しませんが、選択肢の一つとして

は可能性はあると思います。

また業者にもよりますが、設置には1週間もあれば導入可能です。