TOPメリット・デメリット > 太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリット・デメリット



太陽光発電にはメリットとデメリットは少なからずあります。

初期投資が必要なので、まとまった費用が必要になりますが

長い目で見ると、プラスになると思います。

ではその理由と太陽光発電導入に伴うメリット・デメリット

を紹介していきます。

・メリット

・光熱費を削減できる

・余ったら売電(電気を売れる)できる

・災害時や緊急時にも利用可能

補助金制度がある

代表的且つ重要なところだけ順に説明していきましょう。

・光熱費を削減できる

まず設置メリットとして一番に上がってくる光熱費の削減。

年々上昇傾向にある電気料金ですが、太陽光発電によって家庭にも

よりますが、約50%は電気料金を抑えられると言われています。

 

(出典) http://www.k-plankk.co.jp/jyuutaku/merit.html

 

・余ったら売電(電気を売れる)できる

家庭での使用分の余りは電力会社に売ることができます。

売電価格は下降傾向にありますが、最初に決めた価格で数年間は

同じ価格で売電することが可能です。

・災害時や緊急時にも利用可能

これは今後の日本の状況を考えると一番のメリットにくる項目では

ないでしょうか。自然災害が多い日本では災害が起こった時のリスク

ヘッジとしても利用価値は高いと思います。電気が使えなく、不自由な

経験をしたこともあると思いますが、太陽光発電は停電などで電力供給が

必要になった際、自立運転に切り替えることによって、生活に必要な

電気製品の電力をまかなうことができます。

補助金制度がある

費用面での負担は大きいですが、補助金制度は初期費用を抑えられる面で

かなりありがたい制度です。詳しくは、こちらで紹介していますので

ご覧ください。

 

・デメリット

・発電量が不安定

・自然災害により破損の可能性がある

・発電量が不安定

これは大きな不安要素です。発電量は太陽光の日射量によって決まるので

それがどれぐらいになるかは分かりません。また近隣に太陽光パネルに

影を作るような建物ができてしまうとほとんど太陽光を取り入れられないので

これは懸念事項と言えるでしょう。

・自然災害により破損の可能性がある

台風による破損の心配はないですが、物が飛んできて接触すると破損の可能性は

高いと言えます。またモジュールと呼ばれる組み立てユニットに積雪した場合

発電はできません。しかし雪を取り除けば、問題はありません。

 

 

他にも売電価格が下がっていたり、メンテナンスが必要といったデメリットもありますが

売電価格もメンテナンスも10年以上利用すれば投資回収できることを考えると問題では

ないかと思います。(メンテナンスは1o年間の保証期間があるので10年は費用負担なし)

初期費用こそ高い物の、年々太陽電池は安くなっていることを考えると導入メリットの

方が大きのではないのでしょうか。

 

(出典)http://taiyoukou-navi.info/entry53.html