TOP設置方法 > 太陽光パネル設置に関する費用と日数まとめ

太陽光パネル設置に関する費用と日数まとめ



DIY・業者委託あなたはどっち派?

業者に設置を依頼する場合、「自宅」に設置するのか、または投資物件として土地を購入し

設置するのかによって手順が少し異なりますが、基本的な部分は同じです。

たとえば、自宅に設置する際には屋根の上での作業となるため、足場を組むところから始ま

ります。近年では、工事費を下げるために足場を組まず安全帯のみで作業を行う業者もある

ようですが、屋根に設置する場合には必要と考えていて良いでしょう。

次に、太陽光パネルの搬入や、支柱の取り付けなどが行われます。屋根に最初に取り付けら

れるのは架台と呼ばれるパネルを載せる部分です。これをネジでしっかりと屋根材に固定し

雨漏り防止のため金具にシーリングを施していきます。土地を利用する場合にはこのような

屋根材への配慮は不要ですが、架台を取り付け、その上にパネルを載せるところは同様です。

そして、最後に行われるのが電気工事です。電気工事ではパワーコンディショナーや売電計

の設置、それらへの配線を組む作業が行われます。

(出典)https://press.hapisumu.jp

 

設置費用は比較検討必須

設置費用には、架台工事費やパネルの設置代、配線工事費などが含まれています。すべてを

業者に任せる場合には、住宅用であればシステム単価で1kWあたり36~40万円前後が一般的

ですが、そのうちの15~20%ほどが設置費用と考えると良いでしょう。10kW以上の産業用

になると、10kW~50kW未満で32.2万円/kW、50kW~500kW未満で31.9万円/kWほどです。

ただし、設置費用は屋根の向きや屋根材、面積などにより異なるため、事前にシミュレーシ

ョンを依頼しておくのがおすすめです。当然ですが設置業者といってもすべてが優良である

とは限らないです。ひどいところでは屋根材や建物の構造に詳しくない業者もおり、設置後

に雨漏りで困ってしまったり、パネルの重さに耐えきれず屋根が落ちてきてしまったという

事もありえます。こういったトラブルに見舞われないためにも、いくつかの業者を比較検討

することが重要です。

(出典)http://taiyoukou-navi.info/

 

一般的な設置日数は3~4日

設置にかかる日数は、一般的な住宅の場合で3~4日ほどとなりますが、屋根の傾斜が急であ

ったり、積雪地方で細かな工事が必要であったりといった場合には、1週間ほどかかるケース

もあります。反対に、ストレートタイプの屋根や設置面が1面である、または足場が不要な場

合などには、工期が短くなるため設置日数が短く済むだけでなく費用も安くなるケースがあ

ります。