TOPビジネス > 土地付き太陽光発電投資とは?

土地付き太陽光発電投資とは?



今導入すべきorNO?

超低金利時代に安定した収益を得られるとして注目を集めた土地付き太陽光

発電投資。これから投資を考えている人にどのようなメリットがありリスク

があるか挙げていきます。

(出典)http://taiyoukou-nodate.com/

 

投資用の太陽光発電とは?

端的に説明すると、10Kw以上の全量買取制度が適用されている太陽光発電を土

地付きで購入して運用してもらい、売電して運用益を得るシステムです。休耕地

などの敷地に据え付けるタイプの太陽光発電システムを「野立て太陽光発電」と

呼びます。しかし、このシステムの場合、発電システムを一式を土地付きで購入

して資産として運用するため、固定資産税が発生します。

しかしながら、電力自由化と地球温暖化を防止する観点から、需要が高まってい

るのは間違いありません。超低金利でマイナス金利にもなりかねない時代ゆえ

注目を集めています。

 

土地付き太陽光発電が儲かる3つの理由

・太陽光線という無尽蔵の再生可能エネルギーを利用した発電システム

初期投資と多少のメンテナンスが必要になりますが、太陽光はなくなることは

まずありません。よって地理的要因もありますが、安定した運用益を得ること

ができます。

 

・固定買取価格制度の存在

ほとんどの土地付き太陽光発電投資は10%前後の運用益があると言われています。

これは株式投資やFXと比べても、そこまで高い数字ではありませんが、変動が大

きい他の投資に比べ、低リスクと言えるでしょう。

・導入に関わる煩わしい作業は管理業者に任せられる

太陽光発電を導入するには、土地の確保のために不動産業者。また電力会社との連

携作業などが発生します。また一番煩わしいのは国への申請です。しかしこれらの

作業を管理業者に一任すれば、時間的負担をなくすことが可能です。ただし、任せ

る分、管理業者への金額的負担は増えるので、自分でできるとこまでは自分でした

方が経済的と言えるでしょう。

 

太陽光発電システムを導入したからといってすぐに運用益を得られるわけではあり

ません。10年間投資してそこからやっと運用益が生まれます。管理会社の見極めも

かなり重要になってきますが、国土交通省では自然災害への補償は業者には義務づ

けていない分、多少のリスクはあります。しかし導入までに徹底的に調べ上げ、リ

サーチした上での導入することで最大限にリスクを抑えることができ、運用益も最

大限に引き上げることができます。

(出典)http://solar-sawada.com/